カードローンの返済方法~口座振替とATM

カードローンの返済は翌月に「一括払い」できるのがベストですが、ほとんどのケースで「リボルビング払い」を選択することになります。ここでは、リボルビング払いにおけるカードローンの返済方法として、口座振替とATMを紹介します。

口座振替

カードローンの返済に指定した「普通預金口座」から、毎月一定の金額を引き落とす返済方法です。三井住友銀行カードローンやみずほ銀行カードローンなど、主に銀行系カードローンで採用されています。

支払日(口座振替日)の前日に月々の支払い分を入金しておく必要がありますが、支払いをうっかりと忘れてしまうリスクを防止できる点が特徴です。振替手数料などの手数料が発生しないため、元金と利息以外の支払いをしたくない方におすすめと言えるでしょう。

ATM(Automatic Teller Machine/現金自動預払機)

銀行やコンビニエンスストアなどに設置しているATM(Automatic Teller Machine/現金自動預払機)から返済するやり方です。時間に関係なく24時間いつでも返済ができるため、日中はお仕事などで忙しい方に向いている方法かもしれません。

ただし、ATMやATMを使う時間によっては、100円(税抜)から200円(税抜)程度の「利用手数料」が別途発生することがあります。特に土日祝日や深夜早朝は、利用手数料が割高になりやすいため、あらかじめ調べた上で使うことをおすすめします。